海遊びと思いがけない出来事

               センター試験が無事終わりました。。2次試験に向けて調整中の3男です(^_^.)
               
         

               その、センター試験も2日目が終わろうとしていた18日の夕方散歩で起こった事**
               

               ルンルン♪な足取りで最近いつも行くお散歩コースを選んで歩くジュンコと
               引率者の私
               大好きなアカシア芝生公園で**
               ゆっくり時間をかけて 草の匂いを丁寧に楽しんで転がったり小走りに走ってみたり・・
               いつもは黙って見ていたご近所のご高齢のご婦人が 
               「あら、可愛い~♥」と、話しかけてきたので、
               立ち止まって話をしていたら
               10m程離れた家の陰から、
               まっしぐらに、こちらへ向かって突進してくる 柴のmixが視界に入ったかと思う間もなく
               連れらていた 飼い主が、強く引っ張られた拍子に、
               思いっきり勢いよく、転倒するのが見えた・・
                
               リードから解放されたその犬は、犬歯をむき出しにし
               私とジュンコを一瞥したと思ったその瞬間に
               迷いもなく襲いかかってきたのである・・
               

               殺気を感じた私は 咄嗟にその犬の顔面を蹴り上げたのであった
               「やめて!!」と言うのが精いっぱい
               興奮して我を忘れた犬を止められるすべはない・・
               犬はジュンコの 背中や足元に食らいつこうとする・・
               何度も何度も蹴ったが ひるもうともしない 
               その犬の歯が ジュンコの背中に食らいついたのを見て 私は泣きそうになった
               大声で 助けを呼んだが、先ほど車を洗っていた公園横の男性は気づいてないのか・・
               誰も助けてなどくれない・・・
               

               私は 2頭のもつれるのを なんとか手と足で防いでいた
               3度目に噛みつこうとしたのを止めるため思いっきり蹴った足がフライングして私は転倒・・
               噛みつかせてなるものか!と 手(ひじ)で応戦・・
               私は 自分がどうなろうと もはや、どうでもよかった
               ただ ジュンコが噛まれることだけは避けたかった・・
              
               少し、興奮が解けたのか 根負けしたのか・・ジュンコが倒れた私の前に出て
               「ワンワン!!」と、ものすごく大きな声で吠えたのを聞いたからか
               犬が距離を置いた。。
               わたしはゆっくり立ち上がり、げんこつを振り上げ 来るとぶつぞ!!と 脅した
               まだ、怖い顔をしているが 犬はまっすぐにこっちを見ている
               いつでも 襲えますよ
               そう言っているような態度だったので 気が抜けない


               飼い主に目をやると お散歩途中で話しかけてこられたご婦人に抱きかかえられ
               立ち上がっている
               よく見ると おばあちゃんだった 年齢でいうと70後半か?!と思える。。
               「犬を放さないでください! このこ何とかしてください!」そう言ってみたが無反応
               それどころか 顔面が血だらけ**
               「救急車呼びましょうか?」と言っても 無反応
               なんとか 歩き出したと思ったら こちらを見ることなく ものすごい勢いで反対方向へ
               「ちょっと!おば~ちゃん 逃げないでください!!」と呼び止めたが無反応


               騒ぎを聞いて 若夫婦が家から飛び出してきてくれ 簡単に事情を話したら
               血だらけで立ち去ったおばーちゃんの後を付いて見届けてくださると言う・・
               犬をこのままにしておくと もっと被害が出そうなので 警察にも連絡をしてくれ
               立ち去ったおばーちゃんの家人を連れ、戻ってきてくれると約束してくださった**
               私は 一旦家に帰り ジュンコを中へ入れ 再び公園へ・・
               若夫婦のご主人が なんとか犬を公園内から出さずに見てくれていたので
               2人で 犬を捕まえようと試みるも 逃げるのでやめた
               何十分かすると 奥さんが戻ってこられ 
               逃げたおばーちゃんは 自分の名前も住所もわからないと・・言うのだそう
               相当歩き ウィング(洋品店のストア)に入ったので そこで事情を話し
               警察が来るまで見ていてくれるようお願いしたと私たちに伝え
               また 警察が来るとき、立ちあう必要があるのでと言って
               ウィングへ引き返された。
               申し訳ないが そちらはお願いして 


               動けないでいる犬をどうする?と言っていたら 
               最初に話しかけてこられたご婦人が 悩むことなく犬に近づき
               2~3度 吠えられたが、どうにかリードをつかむことに成功!
               私のもとに連れてきてくれて、
               足の匂いを嗅ぎながら自分に、これ以上の危害を加えないか探りを入れ、
               少し落ち着いたらしかった。。ついさっきの恐ろしい顔とは違い
               穏やかな目をしていた。。ジュンコが居ないからだろう
               元は 優しい犬なのだな・・と思った


               「家に帰ろう**道案内してね**」との私からの和解の提案を
               素直に聞き入れたのか
               黙って 歩き出してくれた・・
               家の中に誰かいてくれるといいね**そう言うと 学校のすぐ下の家の玄関先に着いた・・
               目と鼻の先 ほんの数十メートル先が家だったななんて**
               若夫婦のご主人と 顔を見合わせて 笑った**


               玄関を開けて 家人を呼ぶと 若奥さんが出てこられて・・
               私は 老夫婦だけで犬を飼ってるのじゃないことを知り 
               お年寄りに、愛犬を散歩させていることに対しての憤りもあったが
               それよりなにより・・若い人がいることに ホッとした
               警察沙汰になってしまった後の こういう(老人が飼っている)犬が行くところを
               わたしは 知っているから・・・・
               若奥さんの 若い声を聴いているとその不安は安堵に変わっていきました
               
               
               

               犬の名前は ペニー メスだった。。


               私は 状況を整理しながら ひとつの疑問をその奥さんに投げかけてみた
 

               「おばーちゃん もしかして 痴ほう症ではありませんか・・?」
               自分の名前も住所もわからなくて血だらけで
               全く逆方向に歩き去ったことなどを告げると お嫁さんである若奥さんは驚きながら 
               「そうかもしれない・・・最近何だか怒りっぽくて変だと思っていた・・」と言ったのである



               犬の散歩はこれから 絶対おばーちゃんにさせないことを約束してもらい
               おばあちゃんを怒らないでほしいと伝え 
               そのことを伝えに来ただけで、何もしていらないことを告げて帰宅。。
    


               巻き込んでしまった若夫婦には 挨拶に行ってあげてほしいと言ってお名前も伝えたが
               ものすごく動揺していた若奥さんは 憶えてくださっただろうか・・
               おばーちゃんを迎えに来てくださいと ウィングから電話がかかり
               バタバタと出かけることになり その後はおばーちゃhを医者へ連れていくからと言っていた。。
               
               


               ペニーちゃんは 若そうだった** 帰り際は私の顔を見上げ 不安そうな表情を浮かべて・・
               

               どういう状況であったとしても、犬に罪はない と、思う
   

               このこにとっては おばーちゃんが 大切な人なのだろうと思った
               若奥さんには あまり懐いていないようにも見えたから**
               可愛いペニーちゃんに お散歩に連れて行って**とせがまれて
               一緒に歩いていたのだろう**
               でも 悲しい事に おばーちゃんが痴ほう症に・・
               イライラする事もあったのでしょうね ストレスから 攻撃的に??
               それは 私にはわからないけれど
               もし、今回ジュンコを連れていたのが 子どもだったら?
               もし、、私がジュンコのリードを放してしまっていたら??
               
               
               恐怖で逃げたジュンコが車にはねられていたかもしれない・・
               考えただけでも ゾッとします・・・ 
               


               いったん帰宅した時に 体中調べて ジュンコは怪我をしていなかったのが幸いでした**
               噛みつかれても 歯が食いこまなかったようです。。
               瞬間、急に手足が震え 膝がガクガクとなりました 
                       
               
               
               犬を飼うと言う事・・・日本社会のペット事情**
               年老いてからも、若い頃と同じように 犬と終生共に幸せに暮らすためには・・


               飼い犬にはきちんと躾をしておくこと
               自分がリーダーでいられなくなった時 散歩を含、世話を頼める人を決めておくこと
               自分がストレスを感じる時は 犬だって相当のストレスを抱えているという事
               病気にだってなるかもしれない・・家族に不幸があるかもしれない
               経済的に 無理があるかもしれない・・
               すべてを 鑑みて 犬と暮らすことを選択したのなら
               自分のすべてを捧げるくらい 犬との時間を大切にしてほしい**



               今回 自分に当てはめて 犬と暮らす老後を考えてみました
               私は 大型犬が大好きです**特にラブラドールと暮らしてみて
               こんな 楽天的で 陽気で明るい犬がいるのだろうか**
               そう思う。。
               でも、身体が大きいラブが病気になり 自分も老いて来たら
               だれが 面倒を見られるのだろうか**
               そう思うと もう、この先大型犬と暮らすことはないかもしれないと、思うのです



     
               我が家が大自然の中にあり ノーリードで遊べるイギリスのような環境だったら
               もう1頭 迎えているかもしれません**
               私の腰の具合からしても、 若いラブを連れ歩けるとは 思えなくて**
               

               だからこそ ジュンコとの 生活が今の私の 大切な 毎日であり
               幸せなのであると・・・改めて 感じた日でした♥
            



               噛みつかれたって ひどいけがをせずに済み**いつものお散歩コースには
               3日で復活できたジュンコを連れて
               内灘海岸に 出掛けてきました** この陽気さが 本当に愛しいです♥
               ラブラドール って ネアカです(^_-)-☆
               21日 内灘海水浴場
d0243802_11384688.jpg


                                       この笑顔が大好き♥
d0243802_11432540.jpg


                            久しぶりの海でした**とっても楽しそうにしています♪
                            漂着物が多く 砂浜が汚いこの季節 少しだけ自由に遊んで
                            係留します。。怪我でもしたら 大変ですから
d0243802_11501228.jpg

                            なんにでも 興味津々で**これは替わりがありません**

d0243802_11471616.jpg
 
                    帰ろうか?といったら すぐに中へと**おりこうさん**
d0243802_11494193.jpg



                          ストレス解消!って言わんばかりに たくさん遊んできました♪
                          長く 伝わりにくい文章でごめんなさい。。
                          簡潔に書けば良いものを・・。と、思いましたが
                          このまま 載せることに**
                          ジュンコの笑顔で ホッとされた方もいらっしゃると思います
                          もし、不快な気持ちに、してしまったなら ごめんなさい**
                          お許しくださいね***


                          それでは また元気にお会い致しましょう~(^O^)/
                
             
               
               
              

[PR]
by namabi-rulave | 2015-01-24 12:12 | ジュンコ


<< パソコン修理 鏡開きと年初め >>